自分が死んでからのことを心配して…

自分が死んでからのことを心配して…

お年寄りの一人暮らしは多いですよね。一人暮らしをしているお年寄りの方たちは、死後のことを心配する傾向があります。その為、自分自身の葬儀のスタイルや費用などを葬儀社にあらかじめ、お願いしている方は珍しくないのです。このことを生前予約・生前契約と呼ばれていますが、その内容としては葬儀に関する予約だけの場合から、老後の後見に関する事項や死後の諸手続き・整理・遺言管理執行など死の前後のことまでいろいろとあるようです。

 

 

葬儀の内容や墓地などをある程度のことは決めておいて、お金も用意していることがほとんどだそうです。生前契約は様々な機関もしくは、互助会や葬儀社などで扱われています。財産の権利など本人が亡くなった場合は権限を失うことになるので、契約を確実に執行してもらうためには、遺言・公正証書などの作成が必要となってきます。

 

 

互助会によくある葬儀の費用を積立金というのも一種の生前契約です。しかし、安易に契約する前にその機関が将来破たんしてしまったら元も子もないのできちんと調べて確認する必要があります。また、その積立金で葬儀のどこまでをまかなえるかも確認しておいた方が良いでしょう。