葬儀のスタイル

葬儀のスタイル

葬儀には宗教や地域性などによっていろいろと異なることもあります。また、葬儀にはスタイルがあり、「社葬」「個人葬」「合同葬」「団体葬」と分けられるのですが、これは故人の立場などから判断されることになります。社葬は、企業の創業者や役員、企業の発展に貢献した人、殉職した人などが執り行われる葬儀のことを言います。社葬の場合、主催は企業ということになります。

 

 

一般的なサラリーマン家庭で、遺族が主催する葬儀は個人葬ということになるのです。また、企業以外の団体が主催となる葬儀の場合は、団体葬ということになるのを知っておいてください。葬儀が社葬になるのであれば、会社関係者や取引関係者などたくさん弔問に来られることは想定できますし、供花や供物も多くなり大規模な葬儀になることは間違いありません。一般的な葬儀に比べると準備に時間が掛ってしまうので、はじめに個人葬を行い1〜2カ月後に改めて本葬として社葬が執り行われることになると思います。社葬の場合、死者を哀悼し慰安するのみならず、故人が企業に遺した業績や企業の今後の体制が磐石であることなどを知らしめる役割も担っているので少し特徴的な葬儀になるでしょう。喪主は遺族の代表者、施主は企業ということになります。

 

ちなみに「合同葬」は、個人葬と本葬が一緒に行われる葬儀のことをいいます。個人葬の組み合わせ以外にも団体が2つ以上ある場合も合同葬ということになるのです。経費を抑えることが出来るというメリットがあるので、今まで社葬を行ってこなかった中小企業も合同葬で故人を送るようになったと言います。