数珠のマナー

数珠のマナー

数珠を持っていくのは、葬儀の基本的なマナーだということは皆さんもご存じかと思います。数珠にも種類があり、本連と呼ばれる一重のものや二連と呼ばれる二重のもの。。。また、男性は珠が大きめの数珠を、そして女性は珠が小さめの数珠を持つのが基本となっています。葬儀は宗教によってところどころ異なることがあります。それは数珠に関してもそうなのです。
横浜の葬儀なら

 

 

葬儀の際、自分と同じ宗教だと問題は無いかもしれませんが、必ずしもそうだとは限りません。そうなった際に便利なのが略式数珠と呼ばれる数珠なのです。略式数珠は、どこの宗教にも適しているので1つ持っておけば安心ですよね。他にも略式二輪数珠という二重のものもあります。こちらは、一重の輪で出来た略式数珠よりも立派に見えるのでおススメです。特に女性の場合、結婚すると嫁ぎ先に合わせて宗教を見直すこともあります。もちろん、その際には数珠も買い直さなくてはいけない事になるかもしれません。そうならない為にも略式数珠を持つようにした方が良いかもしれません。

 

 

また、数珠は誰かに貸したり借りたりするものではありません。自分の数珠を持つようにしなければいけませんし、それがマナーの1つでもあります。マナーといえば数珠を持つ時、合掌をする時にもマナーがあるのを知っていますか?数珠を持つ時は、左手首にかけるか左手で持つようにし、合掌する時は合わせた両手の親指と人差し指の間に数珠を持ち、拝むのが正しいマナーとなっています。間違って覚えると恥をかいてしまうかもしれないのでこの機会に覚えてください。