無宗教葬とは

無宗教葬とは

焼香の代わりに献花、祭壇には花と遺影を飾ったり、音楽を流すという葬儀があり、
これを「無宗教葬」と言います。
宗教に捕らわれない形の葬儀ということなのですが、告別式や追悼式と
いう形式で行い、「お別れ会」ということも行われています。

 

 

お別れ会はほとんどホテルで行われますが、こうしたところは、
遺骨の持ち込みや焼香、読経は出来ない場合が多いです。

 

お別れ会は、葬儀というよりも故人を偲ぶパーティーといった感じで、
喪服ではなく平服を着ていくことができます。
お別れ会を選ぶのには、企業や団体の参列者が
多くなる時に行われます。

 

また、お別れ会と同じようなものに、「偲ぶ会」もあります。
これはホテルで行われるので「ホテル葬」とも呼ばれます。

 

違いとしては実施する期間にあります。
お別れ会は、亡くなってから14〜50日以内に行われますが、
偲ぶ会は一周忌以後に行われます。

 

密葬を行った後、本葬の代わりにお別れ会は行われます。
個人葬ではまだ普及しておらず、2つに分けて行うことで
2回参加しなければいけないことが負担になってしまうこともあり、
良い面と悪い面があります。
お別れの会は社葬もしくは団体葬などを執り行う時に、
よく行われています。