宗教によって異なる葬儀

宗教によって異なる葬儀

地域によって葬儀のしきたりやルールが異なったりするものですが、それは宗教も同じことです。宗教によって「仏式葬儀」「キリスト教葬儀」「神式葬儀」の3スタイルに基本は分けられます。

 

 

ちなみに創価学会の場合は、僧侶なしの「同志葬(友人葬)」を行うようです。では、それぞれどのような特徴があるのか1つずつ見ていきましょう。まず初めに「仏式葬儀」ですが、日本で約9割の割合で行われている葬儀です。「通夜」→「葬儀」→「告別式」の順で行うのが基本となっていて僧侶が読経をし、お焼香を行うことが特徴となっています。また、葬儀の際に欠かせない数珠も用いるのは仏式のみのようです。宗派によって多少、異なることもあるので周りの様子などをうかがいながら葬儀に参列すると良いかもしれません。次にキリスト教葬儀についてですが、こちらも仏式葬儀同様、カトリックやプロテスタントなどの宗派によって多少異なる部分があります。キリスト教葬儀には決められたルールやしきたりというのは、存在しません。しかし、日本の習慣を取り入れ納棺式や献花を行うようになっているようです。

 

 

葬儀は「前夜式」→「葬儀」→「告別式」という順で行われ、お焼香のかわりに献花を行うのが一般的となっています。最後に神式葬儀ですが、古くから行われてきた葬儀の1つで日本では仏式葬儀の次に多く執り行われている葬儀スタイルとなります。通夜を「通夜祭」、葬儀は「葬場祭(神葬祭)」と呼び、仏式の葬儀式と告別式を真似て斎場祭は作られています。仏式葬儀のの場合はお焼香ですが、神式葬儀の場合はかわりに「手水の儀・玉串奉奠(たまぐしほうでん)」が行われるようです。