死後の準備を

死後の準備を

一人暮らしをするお年寄りは多いですが、
そうしたお年寄りの方たちは、死後のことを心配します。
なので、自分自身の葬儀のスタイルや費用などを葬儀社とあらかじめ
打ち合わせていて、お願いしている方も多くいます。
これを生前予約・生前契約といいますが、葬儀予約だけをする場合から、
老後の後見や死後の諸手続き・整理・遺言管理執行など、
死の前後のことまで細かくお願いしているケースがあります。

 

 

生前契約は様々な機関や互助会、葬儀社などで扱われ、
葬儀の内容や墓地などを、すでにある程度、決めておいてお金も用意している
ということがほとんどだそうです。
契約を確実に執行してもらうには、
遺言・公正証書などの作成が必要となってきますが、
これは本人が亡くなった場合に財産の権限を失うことになる為に
必要となってきます。
しかし、安易に契約し、その機関が将来的に、
破たんしてしまったとしたら、元も子もないので
事前にきちんと調べて確認する必要があります。
葬儀の費用を積立金とするのも一種の生前契約となります。
そして、事前に積立てたお金で葬儀のどこまでまかなえるかも
よく確認しておいた方が良いようです。