葬儀の際、香典と記帳で気を付けること

葬儀の際に香典と記帳で気を付けること

葬儀に関するマナーはいろいろとあります。例えば、香典に関してもそうです。仏教・神教・キリスト教によって香典を入れる袋が異なってきます。故人がどの宗教の葬儀で行われるか調べ、香典袋を間違わないようにしましょう。

 

香典袋には、表書きが必要となります。名前は名字だけでなく、きちんとフルネームで書くこと、そして中身の袋には住所や金額もきちんと明記しなければいけません。ご夫婦で葬儀に参列するのであれば、香典袋の表書きは世帯主であるご主人の名前だけで構いません。しかし、親子の場合は少し変わってきます。子が成人している場合は、世帯を持っていてもいなくても親とは別に準備します。この際の表書きは、子の名前になります。もし、子がまだ学生ならば親と連名、もしくは親だけの名前を書くようにします。また通夜と葬儀、どちらにも参列する場合はどちらか一方で香典を差し出すことになります。地域によって異なることもあるので確認するようにしましょう。受付で記帳する際は、通夜と葬儀の両方で行うようにしましょう。

 

例えば、通夜で香典を差し出したから葬儀には持ってきていない。だから受付で記帳をするのは止めよう…という考えはマナー違反です。香典を頂いた方の名前は、別の名簿にきちんと記帳されているので持ってきていないからといって記帳しなくては良いというわけではありません。ちなみにご夫婦で来られた時には、ご主人の名前だけでもマナー違反ではないのですが、会葬者には会葬御礼の品を渡さなければいけない遺族からしてみればそれは不親切な行為にあたります。