自然葬について

自然葬について

海や川、それに山など自然に遺骨を埋葬することを「自然葬」と言います。自然葬には風葬、鳥葬、水葬と種類があり、方法としても1つだけではないのです。日本で多く行われている方法としては、ドラマや映画などでも馴染みのある遺灰の一部を撒く「散骨」と墓石の代わりに樹木を植える「樹木葬」があります。しかし、自然葬は自由に行って良いものではありません。

 

 

基本的に節度を守っていれば法律上、問題はないのですがその土地の所有者にきちんと承諾を得ないことにはやってはいけないことなのです。また所有者だけでなく、近隣住人にも理解してもらう必要はあるでしょう。また、散骨をする場合は遺骨を2ミリ以下に粉砕しなければいけないという法律もあるので散骨専門業者などに頼む必要もあります。また樹木葬に関しても墓石の代わりに樹木などを墓碑として遺骨を埋葬する葬送方法のことなので、墓地の種類のことと一緒に考えた方が良いかと思います。最近では樹木葬を希望される遺族が増えています。死後も樹木となって生き続けるという想いと環境にも良いということなのでしょう。

 

 

しかし墓地埋葬法に沿った葬送方法であり、通常の墓地と同じように埋火葬許可証が必要となることを忘れないでください。また、散骨とは違い墓石を建てていいと指定された場所に限ります。自然葬は、遺骨や墓石がないので違和感を感じる人が非常に多いです。今一度、家族と話し合うようにした方が良いかと思われます。