自然葬という葬儀方法

自然葬という葬儀方法

「自然葬」というものがあります。これは海や川、山などの
自然に遺骨を埋葬することです。
自然葬には風葬、鳥葬、水葬があり、日本で一番多く行われているものは、
ドラマや映画などでもよく見る「散骨」と墓石の代わりに樹木を植える「樹木葬」です。
基本的に節度を守っていれば法律上、問題はないのですが、
しかし、自然葬は自由に行って良いものではなく、
その土地の所有者や、近隣住人にも理解してもらい、
承諾を得ないといけないようです。

 

 

また、散骨の場合は法律があって、遺骨を2ミリ以下に粉砕しなければいけません。
なので、散骨専門業者などに頼む必要があります。

 

死後も樹木となって生き続けるという想いと環境にも良いということで、
最近では樹木葬も増えてきています。

 

樹木葬に関しては樹木を墓碑として遺骨を埋葬するので、
墓地と一緒と考えた方が良いようです。

 

 

しかし、これも通常の墓地と同じように埋火葬許可証が必要となり、
墓石を建てていいと指定された場所に限ります。
基本的には墓地埋葬法に沿った葬送方法です。

 

遺骨や墓石がない為に、自然葬は家族とよく話し合う方がいいようです。