基本的なマナー

基本的なマナー

葬儀に関するマナーには、いろいろとマナーやしきたりがあって覚えるのは大変なことかもしれません。何も分からない…というのは若い世代であれば多少、許されるかもしれませんが、ある程度年齢のいった方であれば基本的なマナーを知っているのは当然のことだと思われます。

 

 

地域や宗教によって異なることも多いですし、葬儀は頻繁に行われるものでもないので熟知するのは、難しいことでしょう。これだけは守ってほしいというものとして、派手なメイクをしない、おしゃべりは慎む、携帯電話はマナーモードか電源を切る、笑わない…などが挙げられます。また、香典を受付で差し出す際に「お願いします」という人は少なくありまa>

 

しかし、受付の人が例え葬儀社の人で故人とは他人であったとしても遺族側の立場で受付をしているのですから、「この度はご愁傷様でございます」と一言添えるのが正しいマナーです。ちなみに香典に入れるお札は出来るだけ古いものを入れるようにしましょう。新札を入れるのはもっての外です。受付が終わったら遺族に挨拶をする機会があるかと思います。忌み言葉を使わないようにすること、長々と話しこまないようにすることはとても重要なことです。

 

 

遺族は、故人を亡くした悲しい気持ちと葬儀の段取りで疲労困憊になっているかもしれません。葬儀にはいろいろとマナーはありますが、1番大切なのは故人を悔やみ、遺族の気持ちを労わることではないでしょうか。これは葬儀に関わらず、日常的にも求められることです。いかに人の気持ちを考えながら行動できるのか…。