形式に捕らわれない自由葬

形式に捕らわれない自由葬

葬儀には宗教や地域などによって異なることがたくさんあります。また、昔ならではのしきたりなど難しいこともありますよね。最近では、それらのようなことを考えず形式に捕らわれずに行う葬儀として「自由葬」というのがあります。

 

 

無宗教葬とも少し似ていますが、自由葬では故人らしさを演出したり、遺族側の要望を聞きいれたり臨機応変に対応することが出来る葬儀となっています。故人の趣味や好きだったものを祭壇に飾ったり、ビデオを流したり、写真などを飾ったりすることも出来ます。自由葬を行う際に1番多い要望としては、生演奏や音楽を流してほしいということです。最近では珍しくない事で、音楽を重視した葬儀は「音楽葬」と呼ばれることもあるようです。また、宗教色がある葬儀だとしても僧侶によっては、対応してくれる場合もあるので相談してみるだけでもした方が良いかと思います。

 

 

しかし、自由葬には仏式などとは違い決まった形式がありません。その為、宗教儀礼に代わるプログラムを全て立てなければいけないというデメリットがあるのは仕方のないことです。これは特に遺族にとっては大きな負担となるに違いないでしょう。

 

 

また、故人や遺族が自由葬を選んだとしても親族や参列者から違和感を持たれることもあるでしょう。葬儀が行われる前に事前に話して理解してもらうということもまた、大切なことです。もし、親族と参列者の理解を得ることが出来たら故人の生前の思い出にも触れることが出来るので自由葬を選ぶことをおススメします。きっと良い葬儀になるのではないでしょうか。