市民葬・区民葬を行うならば…

市民葬・区民葬を行うならば…

「市民葬・区民葬」という葬儀スタイルを聞いたことはありますか?自治体と葬儀社が協定を結んで行われる葬儀のことで、「自治体葬」「規格葬」とも呼ばれているようです。メリットとしては低価格で葬儀を行うことが出来るということが挙げられます。

 

 

市民葬・区民葬を行う条件は、亡くなった方もしくは喪主の方がその自治体に住んでいればいいだけで、所得制限などはありません。しかし自治体からお金が支給されたり、全国の自治体で行われているというわけではないのでその辺は勘違いしないようにしてください。葬儀を行う際、自治体自らが施行をすることもありますが、大抵の場合は提携を結んでいる葬儀社が行うことが多いです。また、場所となる会場は公民館など公共の場。祭壇や霊柩車、火葬料金などのセット料金となっているようですが自治体によって内容が異なることもあります。

 

 

また、葬儀には遺体保存用のドライアイスや遺影写真、斎場やバスのチャーター代、精進落とし等の料理、返礼品、僧侶へのお布施などが必要になりますが、基本的には別料金となるでしょう。市民葬・区民葬にはある程度の内容が決まっているのでもし、それに加えて何かが必要だったりすると別に請求されるようになっています。利用する場合は、市役所(区役所)窓口に死亡届を提出し、市民葬(区民葬)をしたいことを伝えれば良いだけです。