葬儀における基本的なマナー

葬儀における基本的なマナー

 

ある程度年齢のいった方は、葬儀に関する基本的なマナーは知っていて当然ですが、
若い世代であれば多少、知らなくても許されます。
葬儀には、いろいろとマナーやしきたりがあって覚えるのは
大変です。

 

町田市で葬儀は、そう頻繁に行われるものでもなく、また、地域や宗教によって異なることも多いので、熟知するのは難しいことです。

 

最低限のマナーとして、派手なメイクをしない、無駄なおしゃべりはしない、携帯電話はマナーモードか電源を切る、不謹慎に笑わないなどになります。また、香典を差し出す時に「お願いします」といも言わず、受付の際には、「この度はご愁傷様でございます」と一言添えるのが正しいマナーです。

 

ちなみに香典には、新札を入れるのはだめで、出来るだけ古いお札を入れるようにします。
受付が終り遺族に挨拶をする機会があると、忌み言葉を使わないようして、あまり長々と話しこまないように気をつけなければいけません。
遺族は、悲しい気持ちと葬儀の段取りで疲れていて、疲労困憊になっているかもしれません。
これは葬儀だけではなくて、普段も求められることですが、いかに人の気持ちを考えながら行動できるのかということが重要になります。
葬儀には形式的なマナーがありますが、しかし一番大切なのは故人を悔やみ、遺族の気持ちを労わることになりますね。