葬儀に使われる3種類の花について

葬儀に使われる3種類の花について

葬儀に行くと会場に花が飾られています。

 

香典も大切ですが花も同じくらい大切です。

 

葬儀場は故人を静かに祀る厳かな場所ですが、あまりに何もないと気持ちが暗くなってしまいます。

 

それに故人を送りだすとき、天国に旅立つ大切な儀式ですから、盛大に送り出してあげたいものです。

 

葬儀に使われる花は、枕花、供花、献花の3種類があります。

 

式場に行くと目立つように飾られている花が供花で、お悔やみの気持ちが込められています。

 

それは祭壇のところに飾ってあり、一番豪華です。葬儀が終わるまで故人の枕元に飾る花が枕花です。

 

この花は亡くなって自宅に運ばれてきたときから故人に寄り添っています。

 

一番近くにいて、魂を鎮める意味があります。そして、葬儀場に移動するときも枕花は一緒です。

 

献花は1人1人の参列者が祭壇に供える花のことで、一般的に白いカーネーションや菊が使われています。

 

使われている理由は一輪咲きでしっかりしているこの2つは持ちやすく、長持ちしやすい特徴があるからです。だけど、絶対どちらかを選ばないといけないということはありません。故人が好きな花があればそれを選ぶこともできます。"

 

自由が丘 美容室 美容院【インビテーション】