供花の注意点

供花の注意点

祭壇に飾られる花は、昔に比べると随分と華やかになりました。百合や菊、蘭など白い花ばかり飾っていたのですが、最近では故人の好きな花を飾ってあげる葬儀社は少なくありません。遺族の申し出などもあるかもしれませんが…。

 

 

また、供花も色とりどりですよね。葬儀に参列する際、香典を差し出す人がほとんどですが、香典の代わりに供物もしくは供花を贈るだけでも良いのです。もちろん、供物・供花と一緒に香典を差し出すことも可能です。供花を贈るのであれば、通夜ならば当日の午前中に、葬儀ならば前日までに届くようにしなければいけません。供花には、スタンド・アレンジ・花輪・花束・樒(しきみ)の5種類があります。アレンジと花束の場合は1個で十分なのですが、他のものを選ぶとなると2個で1対となるので注意しましょう。

 

 

ちなみに花束は、出棺の際に棺の上に置かれるので故人の好きだった花を選ぶと良いでしょう。もし、自分で手配するとなれば式場の住所・日時・贈り主の名前を再度、確認する必要があります。斎場によっては持ちこんでいけないものもあるかもしれません。
横浜の葬儀 葬式 家族葬は横浜メモリアルへ

 

折角、選んだ供花なのに当日、断られることのないように遺族や葬儀社に相談しておくことをおススメします。1番手っ取り早い方法としては、初めから葬儀社に任せるというやり方があります。葬儀社に手配してもらうので、間違いはないかと思います。代金の方も葬儀が終わった際に葬儀社に支払えばいいだけなので非常に簡単ですよね。