家族葬と密葬の違い

家族葬と密葬の違い

葬儀のスタイルには、「密葬」と「家族葬」というものがあります。密葬も家族葬も親しい人だけを呼んで故人を送る…ということに変わりは無いのですが、それでも別物の葬儀となっています。

 

 

芸能人や社葬が行われるほど会社に貢献した人などが亡くなった場合は、密葬という形を取られることがほとんどです。密葬を行った後日に会葬者を招き、本葬という流れになるのが一般的です。では家族葬はどうなのでしょう。家族葬も親族や生前にごく親しかった人のみが参列することになります。本当に家族のみで行うのか、親族も招くのかは遺族次第になるかと思いますが、どちらにしても家族葬に間違いはありません。会葬者を招かないので故人と最期の時間をゆっくりと過ごすことが出来るというメリットがありますが、その反面、デメリットもあります。

 

 

家族葬に決めたとしても故人が亡くなったことは遠い親族などにも報告しなければいけません。しかし、どこまでの関係の人に知らせればいいのか、その範囲が定まっていないので後で「聞いていない」と言われる恐れもあります。家族葬で執り行うということ、弔問・供花・香典などの辞退を報告することも大切なことです。弔問に来てくれる人、お断りをした人に失礼のないようにしましょう。