エンバーミングについて

エンバーミングについて

遺族が亡くなった時には、誰もが少しでも側にいたいと思います。
しかし長年、病気や事故で亡くなった場合は、
体に傷を負っていたりして、様々な細菌が発生していたりもします。
ここから感染症になることもありますし、
また、夏場になると腐敗は早くなってしまうので
早めの対応も必要となります。
しかし、ご遺体は出来れば清潔な状態でいてほしいものです。

 

そういう時に活躍するのが「エンバーミング」です。
元はアメリカで作られた技術で、知っているという人も
多いかもしれません。

 

 

エンバーミングとは、防腐、殺菌、修復の全てを行うことで、
遺体衛生保全のことをいいます。
まずその手順は、ご遺体を洗浄・消毒し、血液の代わりに防腐剤を注入します。
必要があれば修復もし、お化粧をして整えてもくれます。

 

このエンバーミングをすることで腐敗や感染も解決しますし、
ご遺体がキレイな状態で戻ってきます。
日本でも関心が高まっていますが、アメリカやカナダでは
90〜95%の割合で、エンバーミングをしているとのことです。

 

葬儀社としてもこのサービスを行っていることもあるそうですが、
ライセンスを持っているのは外国の方が多く、
あまり日本人は持っていないとのことです。

 

エンバーミングはコースにもよりますが、十数万円前後くらいから
行うことが出来るそうです。