家族葬と密葬との違いとは

家族葬と密葬との違いとは

葬儀には、「密葬」と「家族葬」があります。
密葬も家族葬も親しい人を呼んでということですが、
それでもまったく別物の葬儀となっています。

 

芸能人や社葬が行われる位、会社に貢献した人合は、密葬という形になります。
密葬を行った後日に、本葬ということになります。
家族葬の場合は、親族や生前にごく親しかった人のみが
参列します。家族のみで行うのか、それとも親族も招くのかは遺族次第に
なりますが、いずれにしろ家族葬になります。
良い面としては、会葬者を招かない為に、故人と最期の時間を
ゆっくりと過ごすことが挙げられます。
ただ、その代わりも悪い面もあります。

 

家族葬をするにしても、どこまでの関係の親族に知らせればいいのか
ということが問題で、後で親族の方から、「聞いていない」と言われてしまう
恐れもあります。
なので、どこの範囲にまで知らせるのかというのが
大きく頭を悩ませる所です。
さらに、弔問・供花・香典などの辞退の報告も大切になります。
こういう時には弔問に来てくれる人、お断りをした人に
失礼をしないようにしなければなりません。