葬儀のしきたり

葬儀のしきたり

インターネットが普及してからというものの、分からない事があったとしても検索すればどんなことでも知ることが出来ますよね。葬儀に関してもそうです。香典の書き方や礼服の着方など、いろいろなことを知ることが出来ます。

 

 

 

しかし、葬儀は昔からのしきたりなどがあるのでインターネットでは分かり得ないこともあるでしょう。田舎に行けばいくほど、昔のしきたりというのは根強く残っているものです。一般的に葬儀は、年齢順に行われるようにするのが理想ですし、そうでなければいけません。

 

 

葬儀を行う際にも年上の方たちの動きを見真似しながら覚えていくものだとされてきました。しかし、都内を中心に最近では家族葬や密葬を選ばれる遺族が多くなってきたのです。身内だけで見送りたいという気持ちもわかりますし、実際のところ、近隣住人との付き合いも昔に比べたら遥かに薄くなりつつあります。また、葬儀社の数も増えている「もしもの事があったらここで…」と決めている方もそう少なくは無いのではないでしょうか。葬儀社にお願いすると、例え葬儀に関する知識が無くてもスムーズに事が進められます。お手伝いもそんなに難しいことはしないで済むので、しきたりやマナーを知らなくても誰でも出来る作業となっているのです。しかしながら、やはり昔から伝わっているしきたりというのは覚えて次の世代に伝えるのが伝統ではないでしょうか。
自由が丘の居酒屋なら星火

 

 

インターネットで調べてみるのも良いですし、親戚の方で知っている人がいれば話を聞いてみるのも良いでしょう。また、そういったマナー本を1冊常備しておくことも大切なことかもしれません。他にも近所のお年寄りなどの話を聞いて是非、葬儀のしきたりを覚えてみてはいかがでしょう?