直葬を選ぶ遺族

直葬を選ぶ遺族

一般的に葬儀は、通夜→葬儀式→告別式→火葬という順で執り行われますよね。しかし、最近では葬儀を行わずすぐに火葬場に行く「直葬」というスタイルを選ぶ遺族が増えているのです。直葬はもちろん、密葬や家族葬とは異なります。

 

 

直葬を選ばれる理由は人それぞれですが、高齢過ぎて葬儀に呼ぶ人がいない…などだそうです。直葬の場合、葬儀が行われないので低価格で済むというのがメリットかもしれません。しかし、亡くなった場所からの搬送や納棺、安置、死亡診断書の提出と火葬埋葬許可書の取得などは絶対に必要になってくるので葬儀社に依頼することになるでしょう。

 

 

低価格と言ってもそれなりにお金が掛るということだけは覚えておいてください。直葬は一見、故人に対して冷たいという印象を持たれるかもしれませんが、僧侶にお経を読んでもらうことも出来ますし、直葬という理由だけで故人のことを想っていないというわけではないかと思います。ただ、低価格で済むから、面倒だからという安易な考えで選ぶことだけは故人に対して失礼になるので絶対に止めましょう。

 

 

直葬の場合、火葬に立ち会うのは遺族のみとなります。親族や生前付き合いがあった人には、葬儀を行わない事、直葬にした理由を理解してもらうようにしなければいけません。葬儀は、本来故人との最期の時間を過ごす大切なひと時です。本当に直葬でいいのか、あとで後悔しないか、きちんと家族で話し合うようにしましょう。