直葬とは何か

直葬とは何か

「直葬」というスタイルがあります。
直葬は、密葬や家族葬とは異なり、葬儀を行わず、
すぐに火葬場に行くことを選ぶ遺族が最近は増えています。

 

一般的に葬儀は、通夜、葬儀式、告別式、火葬という順序で執り行われますが、
故人が高齢過ぎて葬儀に呼ぶ人がいないということがあると、
直葬するようです。
この場合、低価格で済むというのが直葬の良い面と言われています。
しかし、亡くなった場所からの搬送や納棺、安置、死亡診断書の提出、
火葬埋葬許可書の取得は葬儀社に依頼する必要があります。

 

直葬は、故人に対して冷たいという感じも受けますが、僧侶にお経を読んでもらえますし、直葬するということで故人のことをまったく想っていないわけではありません。

 

ただ、低価格で済むからとは言っても、ある程度は、
お金が掛ります。なので、普通の葬儀は面倒だからという考えで選ぶと、
故人に対して失礼になるので絶対に行わない方が良いですね。

 

 

そして直葬の場合、火葬に立ち会うのは遺族のみです。
葬儀は、故人との最期の時間を過ごす時間なので、
本当に直葬でいいのか、あとで後悔しないか
きちんと話し合い、親族や生前付き合いがあった人には、
葬儀を行わずに直葬にした理由をしっかりと説明する必要があります。